パッソファミリーブログ

いちご大福

今日はいちご大福作りに挑戦しました。

調理実習は前回のパンケーキからとても久しぶり。

 

ということで、訓練生は今日のこの日がとても待ち遠しかったようです!

 

DSCN2692.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は3班に分かれて作業を行いました。

 

材料は、新鮮ないちご、こしあん、切りもち、砂糖、ととてもシンプル。

 

あと大福作りに欠かせない粉(片栗粉)を用意しました。

 

 

まずはボールにこしあんを入れます。

 

こしあんは袋にぎっしり入っており、無駄無く絞り出すのに結構力が必要だったようです。

 

袋の真ん中から絞ってしまった班は、上のほうにあんこが残ってしまいました…。

 

シャンプーや歯みがき粉のチューブと一緒で、袋の上から順番に絞っていくと無駄なく使用できますね!

 

DSCN2694.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2696.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一口サイズにしたあんこを手に取り、いちごを中に入れて包みます。

 

いちごが大きめだったため、あんこを包んだら結構な大きさになってしまいました!!

 

 

次は生地作りです。

 

今回は角もちを小さく切ったものを使用し、器に水と砂糖を入れ、ラップをして電子レンジでチン。

 

ミトンで熱々の器を運び、ラップをはがしたところ、「プシュッ」と蒸気が抜ける音がしてびっくりしている方もいました。

 

くるくると箸でもちを混ぜ、柔らかいうちに片栗粉の中に入れ、手を使って伸ばしました。

 

この作業はとても手が熱くて大変だったようですが、頑張りました!

 

 

さあ、仕上げは薄く伸ばした生地にあんこを包みます。

 

いちごを包んだあんこが意外に大きく、生地からはみ出してしまったものもいくつかありましたが、何個か作っていくうちに慣れてきたのか、上手に包むことができるようになってきていました。

 

DSCN2720.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2733.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2746.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調理台を片づけ、それぞれのお皿に盛りつけたところ、一人あたり3個食べられるということになったのですが、実際に食べたらとてもお腹がいっぱいになった、という意見がチラホラ…。

 

でも皆さん美味しかった様で、ペロリと完食です!!

 

DSCN2751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2754.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに感想を聞いたところ、

 

「作業を通じて和菓子を作るのは大変なんだと勉強になった」

 

「効率よく作業をするのが大変だった」

 

「作業の順序とチームワークの大切さを学んだ」

 

と様々な意見が出てきましたので、是非次回の調理実習に生かしていきましょう!!

 

 

という事で、次回は「ぎゅうぎゅう焼き」を作ります。お楽しみに!!

 

 

 

 

近況   2018/03/10   パッソファミリー